<< けいおん!! 純ちゃんベースの謎 その2 | main | ついに本命枠の眼鏡っ娘登場 >>

「津波」という現象に対する誤解

 先日の震災を受け、地震や津波の描写があるアニメやゲームの発売中止・編集が相次いでる。

それは世情として適切な対応なのだけれど、この「津波」について実際の現象とイメージに
ついて大きな誤解があることをアニメ作品を通して思い知った。
「10mの津波」というと、10mの背丈がある波浪が襲い掛かるというイメージがあり
アニメ等でもそのような描写がされている。

しかし、現実に東北地方を襲った苛烈な津波の姿は違った。
最初は満ち潮にように押し寄せていた水流がどんどん水位を増していき、気が付くと
街を呑み込んでいた。



つまり、10mの津波とは
「10mの背丈がある波浪」ではなく「急激に海面の水位が10m上がる」ことだったのだ。
だから低い場所であれば内陸の奥の何km先へでも津波が押し寄せた。



なので、津波対策としては現在の居住地と避難場所の海抜が何mなのかを把握した上で
津波警報の情報を見て避難を考えなくてはいけないということなのだ。

今回の震災は、東北地方を襲うものとしては1000年に一度のものだったということで
最新の分析では最大20mもの津波があったという。
この20mという水深は中型タンカーが通れるほどであり、その下に街が沈んだと思うと
災害の巨大さを思い知ることができる。

今は災害に対する自粛ムードが先行しているものの、今後のアニメにおける津波の描写が
絵作りのインパクトよりも現象としての正確さに重きを置くならば、未曽有の大災害に
対する後世への教訓になると思う。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM